パースピレックスに関する情報

夏になると、脇汗がガマンできない、ワキガの臭いが気になってしまう日本人がたくさんいると思います。たま仕事や食事の原因で他の人より一倍汗かく人もあります。それを解決するために制汗剤を使用する方が増えてます。普通の制汗剤は効果維持時間が短く、頻繁に使うことが必要です。
パースピレックスは、特許処方により長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤です。汗を抑えたい部位に1回塗布するだけで、3~5日間、汗のお悩みとお別れです。市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも、効果的です。香料不使用で、アレルギーのリスクを最小限に抑えられた安心処方。衣類への色移りや白い筋が残ることもありません。
RS=^ADBxLwJo947QIoAY4SDyYyv8t1BJn0パースピレックス
パースピレックスの効果
パースピレックスの有効成分である塩化アルミニウムは、この成分は水に反応することで固形になる性質があるため、汗腺内の水分を利用します。皮膚内のケラチンと反応して、角栓となり汗腺の出口を塞いて、その後自然に排出します。
通常の制汗剤は汗をかくとすぐに落ちてしまいますが、パースピレックスは汗腺にしっかりと浸透し角栓でフタをするので、角栓が排出されるまでの3~5日間は効果が持続します。汗腺を塞いて汗を長期制御することが可能です。
また入浴しても効果は持続できます。いつも通りお風呂にゆっくり楽しめます。パースピレックスはロールオンタイプなので液だれすることもなく、簡単に塗ることができます。

パースピレックスの副作用
パースピレックスの副作用として、肌荒れ、かゆみ、かぶれなどが起こってしまう報告があります。重大な副作用がありませんので、安心してください。
塩化アルミニウムは、水と反応すると少量の塩酸が発生します。それが、肌を刺激してヒリヒリする事があります。この塩酸が痒みや炎症の原因なのです。
パースピレックスはこれを抑えるために、塩化アルミニウムの他に乳酸アルミニウムが配合されていて、塩酸が発生しても乳酸アルミニウムの働きによって、痒みや炎症は抑えられ、ヒリヒリ感も低減してくれます。

パースピレックスの使用方法
基本的な使用方法は、夜の就寝前に塗布します。就寝前は汗腺の活動が低下しているので、成分をしっかりと汗腺内に入り込ませる事が出来ます。
使う時は汗腺内にしっかり浸透している事が重要で、塗る量とは関係ありません。そして。朝起きたら、表面に残った成分を除去する事が大切です。

パースピレックスの効果は3~5日間持続するとされているので、毎日塗る必要はありません。効果が弱まってきたなと感じたら再度塗り直す事で制汗作用が復活します。
男性の方でわき毛が多い方は毛が邪魔をして薬が浸透しにくいようなので、少し毛を処理してから塗るか、皮膚に届くよう、しっかり目に塗ることをおすすめします。

快適な生活を送りましょう!

レビトラの製造元はドイツのバイエルという製薬会社です。最初のバイアグラと最大な違うところは食事の影響を受けにくいということです。

☆ペニスの血流を改善して男性の自信を回復できる医薬品をご存知ですか?

シアリスの効果効能について

勃起不全改善対策はこちらへ